" ディーラー下取りで車を高く売ることはできるのか?

高く売りたいのであれば下取りはおススメではない

下取りとは?

次に乗る車を買うディーラーに今の車を売り、次の車の購入資金に充てるのが「下取り」です。

新車を購入する時は新車ディーラー、中古車を購入する時は中古車販売店が「下取り」に出す先になります。

新車ディーラーの下取りでは、各社独自の基本価格表を基に車の状態による減額を行って下取り価格を出すのが普通です。

下取りの基本価格表は一定期間で更新されるそうですが、業者オークションの落札相場(=実勢価格)に連動したものではありません。

また、新車購入代金に充てるため「値引きは無理だから、下取りの方で○万円上乗せ」などというように、新車の値引きとセットで下取価格が決められるケースが多く、価格が上がっても手放しで喜べない場合もあります。

メーカー純正品以外の社外品パーツの評価はあまり期待はできないのも下取りの特徴です。

一頃までは車の乗り替えといえば新車ディーラーへ下取りに出すのが普通でした。

今では高価買取を謳った買取専門店が全国各地にあり業績も伸びているので、ディーラー下取りは一般的な方法と言えなくなりました。

特に無料一括査定により買取専門店の査定を簡単に比較できるようになって、下取りは価格の面でほとんどメリットが感じられないものとなりました。


下取りのメリット

下取りのメリットは、なんと言っても手続きが簡単に済むことですね。

なにしろ新車を買ってくれるのですから、担当者は当然ながら下取りについても親身になってくれます。

下取りの手続きなどもきちんとしてくれますしわからない事は親切に教えてくれます。

下取りの査定額は買取専門店に比べて低くなる傾向がありますが、値段よりも「面倒なことは省きたい」というのであれば下取りに出すのがいいでしょう。

新車が来る日まで愛車を従来どおり使うことができるのも下取りのメリットですね。

買取専門店の場合は査定額の有効期限の関係で代車を使用するケースが多くなります。

高額売却をねらうなら下取りは避けた方がいい

下取りのデメリットはやはり査定額が買取専門店に比べて低くなることですね。

調べてみればすぐわかりますが、買取店に比べて下取りの査定額が低いのは定評のようになっています。

下取りでしか中古車を扱わないディーラーに対して、大量の中古車を売買する買取専門店は「薄利多売」で高額買取を行います。

ビジネスのスタイルが全く違うので、この査定の差は頑張っても埋められません。

顧客が下取り額に不満な場合、ディーラー担当者から買取専門店が紹介されることまであるそうですよ。

「少しでも高く売りたい」と値段にこだわるのであれば下取りは避けましょう。

次の例はネットに紹介されている査定額の違いの実例です。

※トヨタヴィッツ(Vits)4WD 5ドア(走行距離44,000Km)の査定額の例

  <買取専門店>         <ディーラー下取り>

  A店  32万円       日産系    G店  18万円

  B店  31万円       トヨタ系   H店  17万円

  C店  30万円       ホンダ系   K店  15万円


<参考>
このサイトでも車を高く売るコツが紹介されています。


ディーラー下取りの注意点

新車の価格交渉でディーラーは新車の値引額と下取り価格をセットにして条件を出して来ます。

「値引きは限界だから、その分下取り額を○万円上乗せしましょう」というのは体験談等でよく目にするせりふです。

下取り価格は高かったが、値引き額は相場より小さかったなどということも。

ディーラーは値引き額と下取り価格とのトータルの調整で新車を高く売ろうとします。

売却の値段にこだわるなら、やはり一括査定で買取専門店を比べて売却先を決めるのがベストです。

今人気の「かんたん車査定ガイド」という一括査定なら、1分足らずの簡単な入力で最大10社の買取り専門店の査定を比べることができます。 かんたん車査定ガイド

車に詳しくない人でも簡単にも仕込みできるので本当にお勧めです。


<自動車よもやま話>
車の一括査定なら無料で何社もの査定額を一度の入力で比較できます。

このページの先頭へ