車を買ってくれる人に直接売れば最も高く売れる

車の個人売買というと、手続きが面倒だというイメージがあるかもしれませんね。

でも個人売買が成立するというのは、車を高く売るためにはとても有利なことなんです。

売ろうとしている車を買ってくれる人がいる、また買う人が見つけられるという場合は、迷うことなく個人間の売買で直接売るのがいいでしょう。

なぜ個人売買が有利なのかというと、

買取を行う業者、再販売する業者のマージンをゼロにできるからです。

中間マージンがないので売る側は高く売ることができ、買う側も安く買えることになります。

たとえば市場価格100万円、中間マージンが30万円の車だと、オーナーから業者が買い取る価格は70万円になります。

この車を85万円で個人売買すると、売る側は15万円高く売ることができ、買う側も市場より15万円安く買うことができるというわけです。

■問題は買いたい人が見つかるかどうか

メリットの大きい個人売買ですが、問題は買いたい人をどうやってさがすかでしょう。

すでに買いたい人のあてがある場合は、買主のメリットを説明して話を進めればいいでしょうが、一から始めるのは個人では至難の業かも知れません。

中古車販売店の店頭に並ぶ車でさえ、右から左へと売れていく訳ではありませんからね。

時間がたっぷりある場合はチャレンジしてみるのもいいかも知れませんが、相場を調べて売値を決めたり、買い手をさがしたりしているうちに車の価値が下がってしまう心配もあります。

買い手の当てがない場合は、個人売買にこだわらずはじめから【無料】一括査定で高額買取の買取専門店を探した方が賢明でしょう。

下取りよりはるかにいい条件になる可能性が高いですから。

※今最もかんたんに使える車一括査定 かんたん車査定ガイド

チャレンジするなら売値の設定が重要

個人売買を成立させるには、売主、買主の両方にメリットのある価格を決めなければなりません。

そのためには、もちろんその車の相場を知ることがポイントになります。

相場がわからないと価格の設定のしようがないです。

中古車情報誌やインターネット等で、同じ車種の同じくらいの年式、同じような状態の車の市場価格を調べるなどの方法で相場を把握することになるでしょう。

その場合、次のようなサイトが参考になります。

カーセンサーnet

Goo-net

同じような車の市場価格をいくつか調べることで大体の相場がわかるでしょう。

また個人売買では、名義変更等の手続きが必要になりますが、詳しくはこちらが参考になります。

行政書士ステーション

<参考>
コチラのサイトも車売却のコツがわかり参考になります。⇒http://curentee.com/

このページの先頭へ