中古車委託販売のリスクをご存知ですか?

中古車の委託販売とは?

「あなたの車を高く売ります」などの宣伝文句を中古車販売店などで見かけたことがありませんか?

これが委託販売のすすめです。

委託販売というのは、

あなたの売りたい車を中古車販売店など預かって他の展示車と一緒に店に並べてくれるというシステムです。

売れても売れなくても通常、預かり保管料金のような形で手数料が取られます。

また最近では、車を預からないで販売を仲介するというパターンの委託販売もあるようです。

これだと、買い手が付くまで愛車に乗り続けることができます。

これだけだとなんか良さげに見えますよね。

でもちょっと待ってください。


売れなかった場合のリスク

委託販売のリスクは、店頭に並べたからといって必ずしも売れるとは限らないことです。

すぐ売れれば問題はないですが、長期間売れなかった場合は販売価格から差し引かれる委託費用が大きくなってしまいます。

最悪の場合は委託費用だけを支払うハメになりかねません。

実際に売れないケースは少なくないいようで、結局委託業者に買取ってもらい委託費用の分が丸損になってしまう人も多いようです。

泣き面に蜂で、委託業者が買い取る価格は委託時点より大きく下がってしまいます。

委託時から時間が経過していますし、委託時の価格では売れなかったのですから、委託したオーナーもその価格を呑まざるを得ないことになるわけです。


もっと怖いリスクがあるかもしれない?

もちろんそんな業者がいても一部の話でしょうが、もし、委託を受けた業者が意図的に車が売れないように仕向けたらどうなるでしょう。

買い手が付いても「ほかの人も欲しがっているので」などと引き伸ばし、なかなか売れない状況を作るのは不可能ではありません。

頃合を見て「売れそうにもない」とオーナーにあきらめてもらい、委託車を安く買い取ります。

これって、中古車を安く仕入れる手口に見えませんか。

まさかと思われるかも知れませんが、ネットなどでは実際にそのような委託販売のリスクを指摘する業界人もいるのですよ。

考えて見れば、委託販売というのは業者にとってはデメリットが全くなくどう転んでも利益の上がる方法ですよね。

売れれば手数料が入る、売れなくても保管料が入るし中古車を安く仕入れられるで、リスクは全くありません。

もしこんな手口に引っかかってしまったら、オーナーは長期間の保管料は取られる、車は買い叩かれるで、踏んだりけったりの状態になってしまいます。

※参考 ⇒ 愛車をリスク無しで高額売却
安全な一括査定で車の高額売却を目指すことができます。


リスクを見分ける自信がないなら委託販売は避けた方がいい

一部かも知れませんが委託販売にはこういうリスクがあるのは事実のようです。

委託販売が一括査定などと比べてあまり普及していないのは、口コミなどでそのことが知られるようになったからでしょうか。

いずれにしろ、業者を見定める自信がないのなら危険な所には近づかない方が無難です。

多くの業者を競わせれば無料一括査定でも価格はかなりの所まで行くのですから、そちらの方で要らぬ心配無しに車売却をすすめた方がいいでしょう。

このページの先頭へ