オークション代行は車買取専門店より高く売れるのか?

オークション代行のメリット

オークション代行というのは、オーナーが代行業者に業者オークションでの車の出品、落札を委託して売却するという方法です。

オーナーが受け取る金額は落札額から代行手数料、出品料、成約料などを差し引いたものになります。

メリットはなんと言っても高く売れることが期待できることです。

買取専門店も買い取った車を業者オークションに出しますが、1台につき約10万円前後といわれているマージンをみるため、買取額の上限は

(落札見込み額)-(マージン10万円)

となります。

オークション代行だとオーナーにとっての売却額は

(落札額)-(代行手数料等)

となります。

つまり車買取専門店のマージンと代行手数料等との差額分だけ高く売れるというわけです。


オークション代行のメリット幅はどのくらいなのか?

オークション代行が買取専門店よりどれだけ高く売れるのかは、上で触れたように代行手数料などの諸費用がいくらになるのかにかかってきます。

色々調べてみると、このオークション代行に要する諸費用は業者によってさまざまなようです。

参考までに調べた中で一番安い例と一番高い例を載せて見ました。

<諸費用の例 ①>

オークション代行手数料 25,000円
陸送費         10,000円
オークション出品料   10,000円
オークション成約料   15,000円
諸費用計        50,000円

<諸費用の例 ②>

オークション代行手数料 50,000円
陸送費         10,000円
オークション出品料   10,000円
オークション成約料   10,000円
事務手数料       10,000円
諸費用計        90,000円

買取専門店のマージンについては薄利多売の大手では5万円といわれたり、8万円から10万円といわれたりで、真相は知りようが無いのですが、比較のために多く見積もって10万円としてみましょう。

そうすると上の例①だと、10万円-5万円で差額5万円のメリットが出ますが、例の②だと差額が1万円になり、果たしてはっきりしたメリットが出るのかどうか微妙になってしまいます。

「いや業者オークションでは想定価格より値が上がることがあるんだ」ということになるかもしれませんが、買取専門店の方だって競争でマージンを5万円に減らすことだってあるかも知れません。

例の②のように「事務手数料」なんて取られるとなると、「何だ、買取専門店と五十歩百歩ではないか」とさえ思えてきますね。


諸経費が安くないと目覚しいメリットは期待できない

オークション代行について結論のようなことを言うとすれば、

諸費用が安い代行業者でないと大きなメリットはむずかしい

ということになるでしょうか。

オークション代行では価格設定の打ち合わせ、必要書類の準備などが必要になります。

それも併せて考えると、そのメリットは車一括査定による方法とどっこいどっこいのような気がします。

こうしてみると、一括査定による各社の競合というのは車の売却にとってかなり大きいインパクトを持つものだなあと、改めて感じさせられます。

なんてったって入力一発で申し込み手続きが済んでしまうのがいいですね。

この一括査定サービスなんて、申し込みの入力がたった1分足らずで済んでしまいますよ。 かんたん車査定ガイド

今人気急上昇中の無料サービスです。

また、もっと簡単に車を高く売る方法についてはこちらのサイトが参考になります。
 ⇒ 季節によって相場が上がる

車も、車種や状態の違いによって高く売却するためのコツがあるんですね。

このページの先頭へ